一狼塾again

今週も茨城県筑西市の『一狼塾』へ桃子、大将を連れて出稽古に行って来ました。


少し早めに出発して近隣の筑波山でウォーミングアップをしました。
空気が綺麗、トレーニングには最適な坂道などがあり充実した時間を過ごす事が出来ました。

午後3時、一狼塾の稽古の始まりです。

 

早い生徒は20分前に道場に来てウォーミングアップを初めていました。

そして3時、時間通りに稽古が始まりました。

 

私的にはとても共感出来る筋トレ指導を導入していて毎回勉強になります。

 

拳立て100回から始まり拳立てジャンプ、指立て伏せ、ジャンピング式の人力車、ワニ歩きetc…。

 

などなど今回も多彩な稽古内容の引き出しの多さに驚きました。

 

まだまだ一杯いっぱいについて行く直心塾の稽古の甘さを痛感しました。

今回はまだ入門間もない一狼塾の生徒の気持ちの強さを見せて頂きました。

 

泣きながらも木村先生の制止を振り切って最後まで稽古を完遂した小学女子には拍手です。

 

この気迫、気力をうちの生徒にも見習って欲しいものです。

 

武将訓七訓にも有ります。

[一度決めたら泣き言云うな]

 

スパーリングでは前回、手を合わせて頂いた生徒さんと再度組ませて頂き前回のイメージを参考にしつつ、いい組手が出来ました。

 

稽古が終わり木村先生から

「来週は?」

と声をかけて頂きました。

何とか来たいと思っています。

 

出稽古では今迄、行く度に学び取る事はあれどマイナスになる事はありません。

友好道場の皆様、今後とも公私共々よろしくお願い致します。

 

木村先生、多分来週も行くと思います。

本日はありがとうございました。

 

« »