昨日は直心塾スタート以来、第一回目の帯審査。
日曜日の朝8時から集合して、みんなドキドキワクワクしながら臨んでくれました。

ゲスト審査員として「一狼塾」代表の木村一狼先生にお越しいただき、厳しくもあたたかい、有り難いお言葉をたくさんいただきました。

 

この3ヶ月半の稽古の成果を外部の先生からお褒めいただけたことは嬉しかったけど、先生からのお言葉の中に「気合が足りない」というご指摘を受けました。

 

「何のために空手をしているのか?」
「何のための空手なのか?」

 

その本質を指導者として、もっと追求して、直心塾を最強の軍団にしていきます!

木村先生、ありがとうございました!

« »